日陰だからって油断大敵です!

せっかく日陰にいたのに、なんで日焼けしてるんだろう…と落ち込んだ経験は、ほとんどの人にあるのではないでしょうか。なぜそうなるかというと、日陰でも紫外線が降っているということがあるからなのです。

日陰だから日焼け止めは要らない!と思わずに、日陰でも日焼け止めを塗るように心がける必要があります。そうすることにより、日焼けを避けることが出来るのです。日焼けも、ほんの少しならいいか…と思う人もいるようですが、思うような程度に日焼けをするかは分かりません。

なんでここまで日焼けしちゃったんだろう…まるで火傷だわ…と思うようなことにならないように、自分の肌はしっかり守る必要があるのです。そのためには紫外線について、日焼け止めについて深く知っておくことがあります。

浅い知識のままで日焼けをしてしまうと、後から困ったことになってしまいます。そうならないようにするためにも、自分にとって効果のある日焼け止めをしっかり探して塗るようにしましょう。

忘れてはいけないのは、顔だけではなく首や手などにも塗ることです。日焼け止めの上手な塗り方をマスターして、辛い火傷のような日焼けをしないように極力気をつけましょう。将来的にも必要なことです。