実績一覧

ウクライナで化粧品づくりを続ける中で知っていただきたいこと、またお勧めしている化粧品づくりについて、現地スタッフがご紹介します。

年間を通して寒冷な気候のウクライナ

ウクライナの街並み

北部から西部と、黒海沿岸のエリアによって気候は少々変わります。北部から西部のエリアは寒さも厳しく、湿度はやや高め。一方南部エリアは地中海気候に近く、夏季には日差しも強くなり、乾燥が進みます。


スキンケア商品で人気なのは、アンチエイジング商品

アンチエイジングのイメージ

フランスメーカーの化粧品も増えていますが、低価格帯の商品が中心です。当プロジェクトでお勧めしているのが、ウクライナ産の良質な農作物やハーブを使用したコスメ作りです。


肌の質

小麦畑の画像

青空と黄金色に実った小麦をモチーフにした国旗が表すとおり、ウクライナでは農業が盛ん。
『ヨーロッパの保管庫』と称される小麦や世界有数の品質を誇る蜂蜜、またクリミア地方の特産品バラなどといった化粧品づくりに欠かせない原材料を、大変リーズナブルな価格で入手することができます。また東欧、北欧の国の人はヘルシーな日焼け肌に憧れる人が多いのですが、肌そのものはメラニン色素も少なくデリケート。そのため肌を守りながらも綺麗に焼ける、タンニング製品もニーズがあります。